番付表

大相撲9月場所(両国国技館・東京)番付表と結果

幕内総括:2018年9月場所は横綱・白鵬の全勝優勝で幕を閉じました。実に41回目となる幕内最高優勝を達成した白鵬。

ここ4場所は怪我の影響もあり成績が奮わず、モチベーションの低下や体力面の懸念もされていましたが、蓋を開けてみれば全勝での優勝。取組み内容には賛否あるものの全勝優勝するあたりは流石としか言いようがありません。

11月の福岡場所でも、全力士にとって大いなる壁となり立ちはだかるでしょう。

そして、残念だったのが御嶽海の大関取り。11勝以上での大関昇進が有力視される中で9勝止まり。序盤は5連勝と最高の滑り出しだったものの、8日目から12日目までの5連敗で夢と消えました。

結果的には、横綱、大関との取組みで2勝4敗と負け越してしまった点が全て。上位陣との対戦成績も大関昇進には加味されるので来場所はしっかりと上位陣との対戦を大切にして欲しいところです。

関連記事>>>御嶽海の大関取り条件と11月福岡場所の成績速報!

なお、史上初めて三賞受賞者がいない場所となってしまったのも残念でした。

<幕内>

番付 西
鶴竜
(○10-5)
横綱 白鵬
(○優勝:15-0)
稀勢の里
(○10-5)
横綱
豪栄道
(○12-3)
大関 高安
(○11-4)
大関 栃ノ心
(○9-6)
御嶽海
(○9-6)
関脇 逸ノ城
(○8-7)
玉鷲
(●4-11)
小結 貴景勝
(○9-6)

(●3-12)
前頭筆頭 魁聖
(○8-7)
豊山
(●3-10-2休)
前頭二枚目 千代大龍
(●5-10)
正代
(●6-9)
前頭三枚目 遠藤
(●3-12)
千代の国
(●4-11)
前頭四枚目 阿炎
(●6-9)
妙義龍
(○8-7)
前頭五枚目 朝乃山
(●7-8)

(●7-8)
前頭六枚目 阿武咲
(●4-11)
松鳳山
(●7-8)
前頭七枚目 栃煌山
(○8-7)
宝富士
(●7-8)
前頭八枚目 琴奨菊
(●7-8)
北勝富士
(○9-6)
前頭九枚目 大翔丸
(●5-10)
碧山
(●7-8)
前頭十枚目 大栄翔
(○8-7)
佐田の海
(○8-7)
前頭十一枚目 旭大星
(
1-6-8休)
隠岐の海
(○8-7)
前頭十二枚目 錦木
(○10-5)
竜電
(○10-5)
前頭十三枚目 貴ノ岩
(○10-5)
隆の勝
(
8-7)
前頭十四枚目 千代丸
(●6-9)
千代翔馬
(○8-7)
前頭十五枚目 嘉風
(○11-4)
琴勇輝
(●6-9)
前頭十六枚目 石浦
(●4-11)

 

十両総括:十両では11勝4敗で並んだ徳勝龍と大奄美が優勝決定戦に進出した末、徳勝龍が勝ち十両での初優勝を果たし幕を閉じました。

全体的には、十両らしい混戦模様となった展開でしたが東4枚目の大奄美が大きく勝ち越し次場所での幕内返り咲きが濃厚となりました。

西十両筆頭で7勝8敗と負け越してしまった安美錦は、次場所で再入幕を狙います。

個人的には、大横綱・白鵬の弟弟子にあたる炎鵬の勝ち越しに沸きました。次場所では番付を上げてどういった取組みをするのが期待したいところです。

<十両>

番付 西
荒鷲
(○8-7)
十両筆頭 安美錦
(●7-8)
明生
(○9-6)
十両二枚目 矢後
(○8-7)
大翔鵬
(○8-7)
十両三枚目 明瀬山
(●6-9)
大奄美
(○11-4)
十両四枚目 旭秀鵬
(●5-10)
琴恵光
(○9-6)
十両五枚目 貴源治
(○8-7)
英乃海
(○8-7)
十両六枚目 豪風
(●6-9)
千代ノ皇
(●6-9)
十両七枚目 若隆景
(○8-7)
剣翔
(●7-8)
十両八枚目 照強
(○9-6)
志摩ノ海
(●5-10)
十両九枚目 青狼
(●1-11-3休)
翔猿
(●7-8)
十両十枚目 水戸龍
(●7-8)
徳勝龍
(優勝:○11-4)
十両十一枚目 千代の海
(○8-7)
臥牙丸
(●6-9)
十両十二枚目 白鷹山
(○10-5)
東龍
(○9-6)
十両十三枚目 炎鵬
(○9-6)
常幸龍
(○8-7)
十両十四枚目 天空海
(●3-9-3休)

 

大相撲11月場所(九州・福岡)番付表&成績!優勝は貴景勝!! <千秋楽の様子>表彰式。賜盃拝戴。優勝した貴景勝に、八角理事長より賜盃の授与。#sumo #相撲 pic.twitter.com/Q...